多くのキャッシングには、借入する前段階として審査が設けられています。この審査では、債務者の様々な状況を照らし合わせた上で可否を決めるため、中には審査に落ちてしまった方もいるでしょう。そんな時には、なぜ落ちたのかを考えることが大切です。

まず確認したいのは、過去に何らかのトラブルを起こしていなかったか、ということです。例えば返済を大幅に滞らせていたり、債務整理をした過去があるなどがこれに該当します。これらの情報は信用機関に載せられているため、その間審査にはどうしても通りづらくなってしまいます。例えトラブルを起こした金融機関とは別のキャッシングに申し込んだとしても、それに変わりはありません。

あるいは、他に借り入れしているキャッシングがあると、審査では不利になります。複数社から借り入れされている方は、返済能力を疑われてしまうため、どうしてもマイナスイメージが拭えないのです。

これらの要因があるからこそ、キャッシング審査に落ちてしまうことは十分に考えられます。キャッシングによって審査の難易度は多少異なりますが、落ちる原因となるのは大抵が似通ったケースとなるため、自分はそのケースに該当していないかを考えてみましょう。