急な用事でお金が必要となった時、キャッシングやカードローンを頼る事があるかと思います。昨今キャッシングとカードローンという言葉は混同されがちで、どちらもATMなどを利用してお金を借りるといった点ではほぼ違いはありません。しかし実は明確な違いがある部分があります。

その違いとは返済方法の違いで、キャッシングは一括払い、カードローンは分割払いというそれぞれに特徴があります。キャッシングというのは比較的小口の融資であることが多いため原則翌月一括支払いとなっているのに対し、カードローンは場合によっては数百万円の融資を受けることが可能です。そのため一括で返済することが難しいということで分割支払いができるのです。分割支払いの場合月々の負担が軽減されるというメリットがありますが、返済を完了するまでに時間がかかるため返済計画を立てづらいといったデメリットといえる部分もあります。

以上の違いから少量の金額を借りたいならばキャッシング、沢山借りる予定があるのならばカードローンといったように自身の都合に合わせて選択するのも良いかと思います。

最近はキャッシングでも分割支払いが可能な場合があるなどよりその境目が曖昧になりつつありますが、利息や返済方法などの違いなどもあるため、キャッシングやカードローンという言葉に囚われずに様々な金融機関を調べて利用するのがおすすめです。